妊娠中プロテインで栄養補給OK?ビタミンAの過剰摂取はどれくらい?

食・健康

妊娠中の栄養摂取やカロリーコントロールにプロテインって飲んでも大丈夫?

ホエイプロテインやソイプロテイン、栄養成分も様々あるプロテイン。

妊娠中には良質のたんぱく質も重要です。

ビタミンAや大豆イソフラボンの過剰摂取に注意することで栄養補助として活用することができます。

 

具体的にどのくらいの量なら大丈夫なの?

この記事ではビタミンAの推奨摂取量と、妊娠中のプロテイン摂取について記載しています。

 

 

もう一つ、妊娠中に過剰摂取が心配な栄養素に大豆イソフラボンがあります。

大豆イソフラボンについてはこちらの記事をどうぞ!

ビタミンAの1日の摂取量上限は?

ビタミンAの推奨摂取量

厚生労働省の定めるビタミンAの摂取基準の推奨量(2020年度版)では、妊娠初期~中期が650μgRAE~700μgRAE、妊娠後期には+80μgRAEです

※1日の摂取上限値は2,700μgRAE

引用元:厚生労働省 日本人の食事摂取基準(2020年版)

レチノール活性当量って?

2020年版の厚生労働省の単位表記はμg RAE(レチノール活性当量)になっています。

 

レチノール活性当量とは、体内でビタミンAとして作用できる成分量のことです。

レチノールはそのままでビタミンAとして作用できる成分のこと。

プロビタミンAは体内でビタミンAとして作用できるレチノールに変換される物質のこと。

 

ビタミンAの単位って、なんだかたくさんあります。

μg RAE、μg RE、mg、μg、IU ・・・ (;´・ω・)?

サイトによって単位表記が異なったもします。

イコールでないところがややこしい!

 

ちなみに、下記厚生労働省の表記を見ると、μg RAE = μg RE の計算式でした。

(おそらく下が2009年度のもの?)

レチノール活性当量(µgRAE)=レチノール(µg)+β─カロテン(µg)×1/12+α─カロテン(µg)×1/24 +β─クリプトキサンチン(µg)×1/24 +その他のプロビタミンA カロテノイド(µg)×1/24
引用元:厚生労働省 日本人の食事摂取基準(2020年版)

レチノール当量(µgRE) =レチノール(µg)+β‒カロテン(µg)×1/12+α‒カロテン(µg)×1/24  +β‒クリプトキサンチン(µg)×1/24+その他のプロビタミンAカロテノイド(µg)×1/24
 引用元:厚生労働省 ビタミン A の食事摂取基準( gRE/日)

純粋なビタミンA(レチノール)が単位μg で、相当量(レチノール活性当量)が単位μg RAEってところですね。

 

プロビタミンAカロテノイドって?

プロビタミンAカロテノイドはβカロテンなどで、主に植物性食品に多く含まれています。

プロビタミンAは必要な分だけビタミンAとなり吸収されて、過剰分は排出される仕組みになっています。

なので、例えばプロテインなどでビタミンAを摂取していても、日常で緑黄色野菜をたくさん食べてもビタミンAの過剰摂取の心配はありません。

 

だから、上表の『ビタミンAの食事摂取基準』の推奨量にプロビタミンAは含まれるのに、耐容上限量には含まれないんですね。

β─カロテンの過剰摂取によるプロビタミンAとしての過剰障害は、 ~中略~ プロビタミンAであるカロテノイドは含めないこととした。

妊婦 の場合は、 ~中略~ 成人と同じ2,700 µgRAE/日を参考とすることが望ましい。

過剰摂取による健康障害が報告されているのは、サプリメントあるいは大量のレバー摂取などに よるものである。

引用元:厚生労働省 日本人の食事摂取基準(2020年版)

プロテインはどれくらい摂取していいの?

結局、妊娠中にはどれくらいならプロテインを摂取していいものなの?

もちろんプロテインごとに、栄養成分の違いがあります。

ビタミンAを含むサプリメントの摂取や、レバーなどの動物性のビタミンAを大量摂取に気をつければ、それぞれのプロテインの推奨量で問題ないはずです。

 

女性用プロテイン『タンパクオトメ』を取り扱っているタマチャンショップに直接聞いてみました。

美容プロテインで栄養バランスも良く、葉酸も含まれていますよ(*^^*)

まとめ

妊娠中のビタミンA推奨量
・妊娠初期~中期が650μgRAE~700μgRAE
・妊娠後期には+80μgRAE
※1日の摂取上限値は2,700μgRAE

 

✅日常で緑黄色野菜をたくさん食べてもビタミンAの過剰摂取の心配はない。

✅サプリメントや大量のレバーなどでの過剰摂取に注意。

✅一日のビタミンA推奨量内であればプロテイン摂取は問題なし。

 

妊娠中はつわりでなかなか栄養摂取ができなかったり、体重コントロールが必要になったりといろいろありますね。

ママの健康あればこそです!

たんぱく質も妊娠中はさらに重要なので、補助的にプロテインは役立ちますよ(*^^*)

気になる点は医師にご相談くださいね。

タイトルとURLをコピーしました