アルプロンのプロテインの成分は?妊娠中、授乳中も飲んでもいい?

食・健康
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ALPRONのプロテインって妊婦も飲んで大丈夫?産後は?

ソイプロテインもホエイプロテインも栄養成分によっては控えたいところ。

大豆イソフラボンやビタミンAの含有量が知りたい!

販売元、株式会社アルプロンのサポートに確認してみました。


アルプロンは妊娠中でも大丈夫?

アルプロンは妊娠中に飲んでもよい?

アルプロンのサポートに妊娠中の摂取について聞いてみました!

ホエイプロテイン、ソイプロテインともに
妊娠中でも問題ないですか?

 

妊娠中にプロテインは飲んではいけないという事はありません。

 

ですが、妊婦さんや授乳中の方は通常時と体調が異なります。

 

プロテインやサプリメントを飲むことによってどのような影響がでるか

安全性のデータが十分ないので、かかりつけ医にご相談してみてください。

 

基本は妊娠中や授乳中に飲んでも大丈夫そう。

個々に差がある大事な体に、万が一の責任はとれないからお医者さんに確認して欲しいなって感じですね。

ビタミンAや大豆イソフラボン、カフェインの含有量が確認できなかったので訊いてみました。

ビタミンA(レチノール)含有量は?

 

ホエイプロテイン、ソイプロテインともに

ビタミンA(レチノール)は含まれていますか?

プロテインはフレーバーによってビタミンAが含まれているものもございます。

 

トップアスリートシリーズ『チョコチップミルクココア風味』

ライトシリーズ『やさしいミルク風味』と『やさしいミルクチョコチップ風味』には配合されております。

 

やさしいミルク風味は20g当たり40000μg
チョコチップミルクココア風味は20g当たり0.12mgとなります。

 

それ以外のプロテインでのビタミンA配合はございません。

 

 

厚生労働省の定めるビタミンAの摂取基準の推奨量(2020年度版)では、

妊娠初期~中期が650μgRAE~700μgRAE、妊娠後期には+80μgRAEです。

 

トップアスリートシリーズ
『チョコチップミルクココア風味』

ライトシリーズ
『やさしいミルク風味』
『チョコチップミルクココア風味』

上記以外なら、ビタミンAの過剰摂取になる心配はナシですね!

ビタミンAは単位が分かりづらい…(-“-)

 

妊娠中のビタミンAの摂取量についてはこちらの記事に記載しています。

 

アルプロン 大豆イソフラボンの含有量は?

ソイプロテインの大豆イソフラボン(アグリコン)含有量はどのくらいですか?

実測値でイソフラボン含有量は1kgあたり305mgです。
1食12gあたりだと約3.6mgになります。

大豆イソフラボンの安全な1日摂取目安量は、妊婦も一律、70~75mg/日

大豆イソフラボンの含有量も1日1杯程度なら問題なし!

 

大豆イソフラボンの目安量についてはこちらの記事に記載しています。

カフェインは含まれている?

カフェオレ風味などにカフェインは含まれますか?

カフェオレ風味にはインスタントコーヒー0.3g/20g(1食分)配合となっております。

 

カフェオレ風未、ミルクココア風味にもカフェインは含まれておりますが微量となります。

 

チョコレート風味、カフェオレ風味、ココア風味、チョコチップミルクココア風味、抹茶風味にもカフェインが含まれていますが、WPC、WPI、ソイの他のフレーバーはノーカフェインです。

 

カフェインが含まれるフレーバーもあるものの、かなり微量のようです。

妊娠中でも一日1杯のコーヒーは摂取してもOKですし、カフェインも気にしなくて良さそう!

気になる場合はカフェインなしのフレーバーを選びましょう(*^^*)

 

まとめ

✅アルプロンのプロテインは妊娠中や授乳中に飲んでいけないということはない。
  ※安全性のデータが十分ないので、かかりつけ医に相談推奨。

✅ビタミンAは下記3つのフレーバー以外は含有なし!
  ※トップアスリートシリーズ『チョコチップミルクココア風味』
  ※ライトシリーズ『やさしいミルク風味』と『チョコチップミルクココア風味』

✅大豆イソフラボン含有量は1食12gあたりだと約3.6mg

✅一部カフェイン含有だがごく微量

 

ということで、妊娠中の過剰摂取に気をつけたい成分の含有量について販売元に訊いてみました。

アルプロンのプロテインは、ソイ、ホエイ共に妊娠中にも向いていそうでした。

ただ、ビタミンA含有の3フレーバーには注意が必要です。

 

たんぱく質は母子ともに大切な栄養素です。

プロテインも成分に気をつけて活用したいですね!

タイトルとURLをコピーしました