子供の熱中症対策どうしてる?手軽に体の熱気を飛ばす方法はコレ!

育児
スポンサーリンク

こどもの熱中症対策、帽子以外にもやっていますか?

夏日の公園で帽子なしだと親としては気が気じゃないですよね・・・。

今回、油断して帽子を忘れてしまったんですが、濡れタオルで熱中症対策をしました。

よく考えると熱中症対策として、とても効果があるんじゃないかと思ったので、ご紹介しますね。

こどもの熱中症対策に濡れタオルは効果的!?

こどもと公園に遊びに行った時のこと。

6月下旬、ここ数日、比較的涼しい日が続いていたので・・・

すっかり油断していました。

 

え!めっちゃ日差し強い!

帽子持って来ていないよ~!!

 

山の上の公園ということもあり、完全に油断していました。

夏日です。

 

すぐに頭のてっぺんは熱くなるし、お顔真っ赤!!

こまめに水分補給して、休憩してもしんどそう・・・。

 

あ!

ハンドタオルを濡らして頭や頬にあてたらいいかも!

 

思い立ってやってみたら、めっちゃいいじゃないですか!!

 

近づいたタイミングでこまめに濡れタオルをあててあげました。

お顔が真っ赤になったり、頭や肌が触った感じ熱くなることへの対策にはバッチリです(*^^*)

 

濡れタオル、自分の腕とか首にあてても気持ちイイ・・・!

 

気化熱の効果ですね・・・!

クールタオルじゃない間に合わせのハンドタオルでもいい仕事してくれました。

クールタオルだったら服も濡れにくく、さらに冷たく快適になりますね。

 

そこでさらに思いました。

 

ラッシュガードが水遊びじゃない夏の外遊びでも活躍するんじゃないかな!?

こどもの熱中症対策の服装にラッシュガード!

濡れても乾きやすい素材のラッシュガード。

乾く時に体の熱を奪います。

汗で濡れても、乾くときに同じ効果!

長袖のパーカーは日焼け予防と体の熱発散の効果が期待出来そう!

 

小さな霧吹きに水を入れて持ち運ぶのもオススメですよ♪

 

ラッシュガードの上からスプレーしてもいいし、直接肌に吹きかけても気持ちいい!

 

 

こどもの熱中症対策のポイントは?

幼児は大人よりも体温調節機能が未発達で、太陽の照り返しの影響も受けやすい!

そして遊びに夢中になると体調もお構いなしですよね・・・。

 

熱中症予防のポイントはこんな感じです。

☑ 帽子をかぶらせる
☑ 水分補給をこまめにする
☑ 塩分補給もしっかりする
☑ 休憩をこまめにとる
☑ 汗や顔色の様子をしっかり見る
☑ 外遊びではマスクを外す!

 

帽子・・・

最初はなかなかかぶってくれなかったなぁ・・・

 

帽子は嫌がってもパーカーならOKな子もいますよね。

パーカー付きラッシュガードなら熱もこもりにくいですよ♪

 

塩分補給、私の場合はソルティライチとかの飲み物になりがちなんですが・・・。

ちょっとこれおいしそう!

と思ったのがこの塩ゼリー。

今年の夏は大人も子供も塩ゼリーで涼と塩分を摂るのもいいかもしれません(*^^*)

さいごに

子どもの熱中症対策に濡らしたタオルは簡単で快適でした。

ちなみにハンディファンと組み合わせると更に熱気を早く逃がせますよ~(*^^*)

まだまだコロナウィルスが気になる時期ではありますが、夏の外遊びにも連れ出してあげたいですね。

今年の夏が楽しい夏になりますように!

 

タイトルとURLをコピーしました