【GIMPで背景を透明にする方法】フリー素材を切り取って簡単合成

ブログ・備忘録

画像の編集・加工ができるフリーソフト『GIMP』は簡単に画像の背景を透明にできます。

一度加工して保存したら、ほかのソフトでもスタンプのように繰り返し利用できるので便利です。

この記事では、GIMPの背景透過方法を画像付きで解説します。

初心者向けに操作がうまくいかない時のポイントもあわせてまとめました(*^^*)

 

GIMP操作に慣れていなくても、手順通りに進めば5分ほどで背景透過画像が作れるぞ!

 

※以下の操作画像はGIMP最新版2.10.20のものです。(2020年6月時点)

GIMPで背景を透過する方法

GIMPで背景を透過する方法

GIMP背景透過の操作手順

GIMP背景透過の操作手順""

 

GIMP背景透過の操作手順

フリー素材集から特定の絵柄をスタンプみたいに使えるようになりますよ♪

 

GIMPを開いて、背景透過したい画像を開きます。

 

画面左上のファイル > 開く/インポート

GIMPで背景を透過する方法

 

保存先から編集したい画像を選んで開いてくださいね。

 

GIMPで背景を透過する方法

画像がどこにあるかわからない時は、事前に画像をデスクトップに貼り付けておくと◎
一番左の『場所』から『デスクトップ』を選ぶとすぐに画像選択できます。

 

次に、画面上部のレイヤーを選びます。

レイヤー > 透明部分 > アルファチャンネルの追加

 

GIMPで背景を透過する方法

 

背景を透明にするために必要なパーツの追加が『アルファチャンネルの追加』です。

 

アルファチャンネルの追加項目が選べない時はすでに追加されている状態です。

下画像のチャンネル項目に『アルファ』表示があればOK!

 

GIMPで背景を透過する方法

 

では、背景を透明にするぞ!

 

操作一覧の中のステッキのようなアイコンを選択します。

『ファジー選択』の状態で、透過したい背景色をどこでもいいのでクリックします。

 

 

素材ごとの外枠が点線で囲われます。

その状態でキーボードのDeleteボタンを押します。

 

GIMPで背景を透過する方法

 

背景が透明になったぞ!!!!

 

 

市松模様になっている部分が透明です♪

 

点線で選択されている状態の解除は、画面上部の『選択』から。

選択 > 選択を解除

 

GIMPで背景を透過する方法

 

背景透過完了だぞ!

 

GIMPで背景を透過する方法

 

GIMPで背景透過した画像を切り取ってリサイズする方法

素材集からひとつの絵柄を切り出す方法を解説します。

操作アイコンの虫眼鏡を押したら、切り取りたい絵柄を数回クリックして拡大します。

 

GIMPで背景を透過する方法

 

おっと、拡大しすぎた!

縮小したい時は、画面右上の項目を縮小に切り替えるとクリックで縮小します。

GIMPで背景を透過する方法

 

画面左上の操作アイコンで『切り抜き』を選択します。

 

GIMPで背景透過した画像を切り取ってリサイズする方法

 

切り抜きたい部分をドラッグして、枠内中央あたりをクリックします。

切り抜き完了です!

 

 

む?

余分な部分が入っているぞ!

 

 

操作メニューの消しゴムで消しましょう!

 

 

右側のメニューで使いやすいブラシを選びます。

 

 

完成!!

 

GIMPで背景透過した画像を切り取ってリサイズする方法

 

画像サイズを調整する場合は、画面上部のメニューから『画像』を選びます。

画像 > 画像の拡大・縮小

 

GIMPで背景透過した画像を切り取ってリサイズする方法

 

キャンバスサイズを好みのサイズにします。

使用目的にもよりますが、個人的には400~600pxくらいが使いやすいです。

 

GIMPで背景透過した画像を切り取ってリサイズする方法

 

さっきよりも大きい画像データで完成です!

 

GIMPで背景透過した画像を切り取ってリサイズする方法

 

切り取ったイラストに縁どり線をつけたい場合はこちらをどうぞ!

 

GIMPで背景透過した画像を別シートで編集する方法

 

 

複数の画像を作りたい時はこの方法!

イラストを組み合わせた画像も作れるぞ!

 

 

操作しやすいサイズ拡大縮小して、使いたい絵柄を切り取ります。

今度は操作アイコンの『短形選択』で四角く範囲選択できます。

 

GIMPで背景を透過する方法

短径選択にカーソルを合わせて右クリックすると楕円で範囲選択も可能!
不要部分が含まれてもさいごに消しゴムで消せますよ。

 

選択範囲を切り取る前に、切り取った画像を移動する場所を用意しましょう!

画面上部の『ファイル』から。

 

ファイル > 新しい画像

GIMPで背景を透過する方法

 

キャンバスサイズは今回は1000×1000pxしました。

追記
1000×1000pxだと大きすぎました(^-^;
400~600pxくらいが扱いやすかったです!

 

背景を透明にしておく必要があります。

 

『詳細設定』をクリックすると項目が広がります。

『塗りつぶし色』の項目を『Transparency』にして『OK』を選んでください。

 

 

透明のシートが1枚できました。

素材一覧から絵柄を持ってきます。

 

 

画像があるシートをクリックして『短形選択』で画像を囲みます。

 

GIMPで背景を透過する方法

 

そのままCtrl+x で選択範囲を切り取り。

 

画面上部のメニューの『編集』タブからも選択範囲の切り取りや貼り付けができます。

 

GIMPで背景を透過する方法

 

新しく作った何もないシートを開いて Ctrl+v で貼り付け!

 

このまま保存してもいいんですが、画面右下の部分を確定します。

この『フローティング選択範囲』を確定すると貼り付けたシートが追加編集できるようになります。

 

右下の『フローティング選択範囲』にカーソルを合わせて右クリックします。

『レイヤーの固定』をクリック!

 

GIMPで背景を透過する方法

 

編集完了~!!!

 

 

点線枠が消えました。

この状態になれば消しゴムで不要な部分を消したり、画像を追加したりできます♪

 

GIMPで透過加工した画像を保存

GIMPで加工した画像を保存します。

 

背景が透明なまま加工画像を保存するならPNG形式で保存!

 

JPEGだと背景透過がなくなります。

操作手順は画面上部のメニューから。

 

ファイル > 名前を付けてエクスポート

 

『名前を付けて保存』ではなく、『名前を付けてエクスポート』!

 

保存する画像の名前は好きな文字列を入れてくださいね。

そのまま名称未設定でもOK!

名前の末尾に『.png』を手入力するか、

下の方にある『ファイル形式を選択』をクリックして『PNG画像』を選びます。

 

保存場所は『デスクトップ』を選択するとわかりやすいかも!
保存するための『エクスポート』のボタンが画面下の方に隠れていることがあります。
ウィンドウ枠を上に移動すると『エクスポート』が選べます。

 

『エクスポート』を押すと下のようなポップアップが出てきます。

そのままもう一度『エクスポート』で完了です(*^^*)

 

デスクトップに保存されました!

 

お疲れさまでした!

一度作っておくと繰り返し使えるとっても便利な画像データのできあがりです(*^^*)

さいごに

GIMPで背景色を透明にする操作手順をまとめました。

画面に情報がたくさんあるのではじめは戸惑いましたが、慣れると5分かからずひとつのデータが作れるようになりました。

ブログの装飾やSNSのアイコンなども、そのほかたくさん活用できるので便利ですよ(*^^*)

タイトルとURLをコピーしました