ファスナーのスライダーが外れた!直し方は?修理を画像付きで解説!

育児
スポンサーリンク

シーツのファスナー金具が、両方スポッと取れた!!息子の保育園のシーツで2度目です。
針と糸とやる気(一番重要!)さえあれば、10分くらいで簡単に直せます。ミシン不要!
画像付きで解説していきます!

シーツのファスナーのスライダーが取れた!

悲しい佇まいです…。

保育園でシーツをかけようとしたら、スポッ!と取れました。

ファスナー空いたままお昼寝だった月曜日、お兄ちゃん、ごめんね!

ファスナーのスライダーの直し方

さっそく、直していきましょう!

針と糸とやる気は大丈夫でしょうか!

 

シーツを裏返して、ファスナーのおしり側の根本を見てください。

今回2度目の修理なので、通常金具がついている部分が縫い留めてあるだけです。

ですが、おそらくこんな金具がついているかと思います。

金具がついている場合は慎重に外しちゃいましょう。

再利用しなくても問題ないので、ハサミやマイナスドライバーでぐりぐりしたら外れますよ。

怪我には注意してくださいね~!

追加で用意した画像なのでシーツが別ですが…。

この矢印の縫い目の部分を端っこの方だけほどいてください。

L字の短辺だけで十分ですよ(*^^*)

こんな感じになりましたか?

端っこからそっとスライダーを差し込みます。

ここまでスッと入ります。

ファスナーをまっすぐに引っ張りながらスライダーを動かしましょう!

えいやーーーーー!!!

閉まるー!!!

閉まるって気持ちいいんですね!笑

さぁ、ほどいた部分の処理です。

針に糸は通りましたか?

もう抜け落ちないようにロックしましょう!

金具があった辺りに糸を渡します。

ぐーるぐーると、同じ場所を3回くらい巻いて留めます。

玉結びでもいいですし、糸端同士を固結びでもOK!

次はL字部分を縫います。

もちろんミシンでチャチャっと縫ってもいいですよ!

手縫いの場合は、ミシンの跡をガイドに本返し縫いします。

ざっくり縫い方。

仕上がり~♪

裏はこんなです。

角は丸い感じになります。

ちゃんと開閉できるようになりました。

保育園でまだまだ活躍してくれそうです!

前回修理して1年くらいは大丈夫でした。

今回の修理で卒園まで(あと1年)使えるといいな(*^^*)

さいごに

シーツのファスナーの修理方法を画像付きで解説しました。手を付けるまでが面倒ですが、きれいに仕上がるととっても嬉しいです♪
ファスナーの直し方の情報は多くありますが、シーツなどの細い樹脂ファスナーなら、この方法が簡単できれいに仕上がりますよ。

タイトルとURLをコピーしました